資材について

有機JAS規格に使用可能な肥料及び土壌改良資材(別表1)

生産農家が有機農産物を生産する際に、有機JAS規格では、 以下のようにその基本的な考え方を示しています。様々な資材を利用する前に、この基本に沿っているのか確認して下さい。 せっかくの有機JAS認定が、肥料や資材に関する勘違いで取り消されてしまうようなことの無いように、よくご確認下さい。

■有機農産物の日本農林規格第4条

ほ場における肥培管理 当該ほ場にいて生産された農産物の残さに由来する堆肥の施用又は当該ほ場若しくは その周辺に生育する生物の機能を活用した方法のみによって土壌の性質に由来する農地の生産力の維持増進を図ること。
ただし、当該ほ場又はその周辺に生息又は生育する生物の機能を活用した方法のみによっては 土壌の性質に由来する農地の生産力の維持増進を図ることができない場合にあっては、別表1の肥料及び土壌改良資材 (製造工程において化学的に合成された物質が添加されていないものに限る。以下同じ。)に限り使用することができる。

基本的には、ほ場残さによるたい肥を活用すること、ただしそれでは生育が不足する場合には、別表1の肥料・土壌改良資材を使用することができる、とされています。

別表1の注意点

有機農産物の日本農林規格別表1にはたくさんの資材が掲載されていますが、別表1の全体について、
「製造工程において化学的に合成された物質が添加されていないものに限る。」との条件がついています。
化学肥料を添加されたものが有機農産物の生産に使用できないのはもちろんなのですが、液肥などの液状成分の安定を保つための乳化剤、品質保持剤などの添加についても化学合成のものは許されていません。化学合成の乳化剤を使用しているもの、化学的に合成された物質によってpHを調整しているもの、いずれも有機農産物の生産には使用できません。
商品の宣伝用パンフレットを見ただけでは、乳化剤やpH調整のような主たる効能以外の部分まで有機JAS規格を満足しているかは分からないことがあります。このために製造メーカーから資材証明書を取得して、生産行程管理者自らで、規格との適合性を確認しなければいけません。

資材証明書

資材証明書の記載方法について、所定の様式が定められているわけではありません。 どのような様式をお使いいただくことも出来ますが、「原材料」「製造工程」「添加物・助剤」「発行日」が漏れなく記載されていることが重要です。

資材証明書のひな形と、記載例をご用意しましたので、お使いください。

資材証明書ひな形
資材証明書ひな形A3サイズ

肥料及び土壌改良資材 有機JAS適合評価フロー

資材評価フロー

注1)植物及びその残さ由来の資材、発酵・乾燥又は焼成した排泄物由来の資材、食品及び繊維産業からの農林水産物由来の資材、発酵した食品廃棄物由来の資材について、当分の間生産段階において組み換えDNA技術が用いられた原材料も使用可。

農薬 有機JAS適合評価フロー

農薬

調整用等資材 有機JAS適合評価フロー

資材評価フロー

有機加工食品 加工製造における食品添加物 有機JAS適合評価フロー

資材評価フロー