JGAP申請から認定までの流れ

JGAPの申請を行って、認定を受けるまでの手順は以下のようになっています。

JGAP認定の流れ

1 自己審査

JGAPの基準に適合しているか、自分で確認する。
自己審査の結果をもとに、自分の農場管理の改善を行う

2 申請申し込み

申請書を作成して北海道GAP認証センターへ審査の申込みを行う

3 審査員が農場を検査

JGAPの基準に適合しているか、審査員が確認します。
実地審査は、JGAP基準への適合を実地確認と聞き取りで行います。

4 不適合事項の是正・改善

実地審査の中で基準への不適合が見つかった場合には、是正して、改善報告を行います。

5 判定委員会で審議・報告

判定委員会で申請書の内容と検査報告書が一緒に審議されます。
実地審査の指摘事項に対する改善報告も判定委員会で審議されます。
審議の結果、認証の基準を満たしていることが確認されると、認証書が発行されます。

JGAP認証・・・是正改善後、必須項目の100%が適合で重要項目の95%以上が適合している。