ASIAGAPとは

北海道GAP認証センターの業務

GAP とは、「適正農業規範」・「農業生産工程管理手法」とも呼ばれる農場管理の手法の一つで、農産物や生産者への危害要因を検討し、適切な管理を行うことで農産物の安全や、生産者の安全などを確保することを目的にしています。 HACCP やISO の工場管理の考え方を農場管理に取り入れたものとも言えます。
2017年8月よりJGAP Advance の改定が行われ、ASIAGAPの認証が開始されました。ASIAGAPはGFSI 承認の国際規格として展開することを目指すスキームです。高温多湿など欧米にはない農業生産条件を持つアジア農業の特徴に対応するとともに、GAP の普及に必要不可欠な指導者育成を推進することを通じて発展してきた日本発の JGAP が、今後 GAP の一層の普及が期待されるアジアにおいて主流の認証の仕組みとなり、アジア共通の GAP のプラットフォームづくりに貢献していくことを「ASIAGAP」という名前により明確にしました。
参考サイト(一般財団法人日本GAP協会ニュースリリース 2017年7月)
ASIAGAPの基準書・総合規則はこちらから(一般財団法人日本GAP協会)


ASIAGAPとJGAPのロゴマークの比較

北海道GAP認証センターについて

「北海道GAP認証センター」は、有機JAS 認証・特別栽培農産物第三者認証などを行う、(株)北海道有機認証センターのJGAP 認証部門として誕生し、数々の認証を行ってまいりました。

JABによる認定一時停止について

2018年10月18日付けで日本適合性認定協会(以下JAB)より、以下の認定について一時停止通知を受けました。

・JIS Q 17065 :2012(ISO/IEC17065:2012)
・GAP及びGAP運用農場で生産された農産物の認証

<一時停止の理由>
 ・期限内に是正処置が完了しなかったため

 
弊社のお客様及び関係組織の皆様にご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。
一時停止が速やかに解除されるよう、引き続き改善努力をいたしてまいります。

今後の弊社の認証業務につきまして、JAB及び一般財団法人日本GAP協会より、以下の業務が可能であることを確認しております。

・JGAP審査及び認証(新規・維持・更新)
・ASIAGAP審査及び認証(新規・維持・更新)

また、一時停止の解除までの間、新たに発行する認証書にはJAB認定シンボルマークを附すことはできません。復旧後に認証書の差し替えを行うこととなります。
尚、現在発行されております認証書は有効であり、影響はございません。

新たな情報や進展がありましたら、速やかにお知らせいたします。
この件につきましてのお問い合わせは、株式会社北海道有機認証センター(電話番号011-375-0123澤井)までお願いいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

株式会社北海道有機認証センター
北海道GAP認証センター    
代表取締役 塩田 彦隆