有機食品とは

ここでは有機JAS制度について説明します。

有機食品には有機JASマーク

有機JASマーク

有機食品(有機農産物・有機畜産物・有機加工食品)として名乗る食品には、かならず有機JASマークが一緒についています。
有機食品を探すときにはこのマークを探してみてください。

有機農産物とは?

自然環境に配慮して土や自然の力を利用して、農薬や化学肥料に頼らずに生産された野菜です。
そして有機JAS制度では、以下のように基準を設けています。

1.種まき又は定植の前2年以上化学合成農薬や化学肥料を使用していない田畑で栽培すること
2.栽培期間中も化学合成農薬や化学肥料を使用しないこと
3.遺伝子組み換え技術を使用しないこと

有機野菜を生産する農家は有機JASの認証を受け、毎年1回検査を受けます。

有機畜産物とは?

自然環境への負荷をできる限り低減して生産した飼料を食べさせ、動物用医薬品の使用を避けて飼われた家畜や家きんを有機畜産物といいます。有機牛や有機豚、有機卵や有機乳があります。

有機加工食品とは?

有機農産物、有機畜産物など有機食品を95%原料として使用し、食品添加物の使用をできる限り抑えた加工食品です。有機大豆を使用した有機豆腐や有機納豆などがあります。

はじめての人のための有機JAS規格

はじめての人のための有機JAS規格

農林水産省より、パンフレット「はじめての人のための有機JAS規格」が公表されています。
有機JAS規格で定めている内容はどういう意味なのか、分りやすく解説されています。

はじめての人のための有機JAS規格