ノウフクJASとは

ここではノウフクJAS認証について説明します。

ノウフクJAS認証について

ノウフクJASマーク

2019年に新しいJAS(日本農林規格)として「障害者が生産行程に携わった食品の農林規格」が制定されました。
障害者が農業生産等に関わる取り組みが広がる中、「農福連携」で生産された生鮮食品とその加工・流通に関わる事業者を認証する仕組みです。
ノウフクJAS認証を取得した製品には、「ノウフクJASマーク」がついています。

「農福連携(ノウフク)」は、農業と福祉の連携により、それぞれの課題の解決を目指す仕組みです。
ノウフクJASは、障害者が主体的に携わって生産した農林水産物、またそれを原料とした加工食品について、その生産方法と表示の基準を定めています。
ノウフクの普及によって、農業・福祉双方の課題解決や、認証を受けた確かな商品を消費者に選んでもらう目印になります。

ノウフクJAS生鮮食品とは?

■生産の主要な工程に障害者が関わって生産された農林水産物のうち、未加工の生鮮食品にはノウフクJASマークを表示して販売することができます。

■大根・ニンジンなどの農産物、お米・大豆などの穀物、きのこなどの林産物、コンブ・ワカメ・お魚などの水産物、肉・乳などの畜産物を含みます。

■ノウフク生鮮食品の生産行程管理者は、その製品の生産に関して、どの部分に障害者が関わっていたのか、外部からの問い合わせに回答できることが必要です。

ノウフクJAS加工食品とは?

■ノウフク生鮮食品を原材料に一種類以上使用した加工食品は、「ノウフクJAS加工食品」として表示することができます。

■ACCISでは、特別栽培認証及び有機JAS認証ノウフクJAS認証の全ての認証が可能です。
通常は、各認証でそれぞれ年に1回の定期検査が求められますが、有機JASとノウフクJASの両方の認証ができるACCISでは、検査日程を合わせて行ったり、検査に関する共通部分をまとめて確認したりすることが可能です。

アッシスミッション